私がお勧めしたいのはサスペンスドラマ「タクシードライバーの推理日誌」シリーズ

私がお勧めしたいのはサスペンスドラマ「タクシードライバーの推理日誌」シリーズです。

この作品は元警視庁捜査一課の刑事で、現在はタクシードライバーをしている夜明日出夫(演:渡瀬恒彦)が主人公になっているドラマのシリーズです。

夜明日出夫は刑事時代に事件関係者の女性との関係を誤解されて週刊詩にまで書かれ、離婚までしてしまった経歴があります。

それ以降は民間人としてタクシードライバーの仕事をしていますが、自分の乗せた乗客が事件に関わってくるのが毎回のパターンです。

離婚した妻は出演することがありません(声のみの出演はあり)が、その母方の姓を名乗る娘西村あゆみ(演:林美穂)は頻繁に出演しています。

夜明日出夫は自分の乗せた乗客が事件に関わってくるため、警察時代の部下である東山秀作(演:風見しんご)や国代義明(演:小林健)、時には本庁勤めではない馬場幸男(演:正名僕蔵)らに事件の捜査が行き詰った時には頼りにされます。

こういった関係があるので逆に夜明けさんから事件についての情報提供を求められると東山は「民間人の夜明さんには関係ないですから」と言いながらも情報を提供して事件解決のヒントを得るのが毎回のパターンになっています。

夜明さんは自分の乗せる乗客に元刑事という経歴をアリバイ作りに利用されることが多く、最初はその乗客を疑うことはないのですが東山、国代、そして警視庁捜査一課の警部である神谷雅昭(演:平田満)の意見を聞くうちに乗客を疑いだして事件解決のための推理をするのが毎回のパターンです。

このドラマは毎回ストーリー自体もとても面白いものがあるのですが、ドラマの始まりでは元気で良くしゃべるおばさん客(演:大島蓉子。毎回違う人物)が乗っていることが多いなど脇役の出演も1つの見どころであります。

夜明さんが乗せる乗客は美人の女性客であることが多くて事件への関与を最初否定するので神谷などは「夜明さんは女性に甘いから」と言うことが多いですね。

主演である渡瀬恒彦さんが2017年3月14日に亡くなってしまったため作品は39作品までで終了してしまいましたが、そういうことがなければまだまだ続いたであろう人気シリーズのドラマでした。

夜明日出夫が所属する大同交通の係長は演じる方は色々と変わっていますが、普段は営業成績の悪い夜明さんに頭を悩ませています。

しかし一度乗せた乗客から遠方への乗車を依頼されることが多い通称「ロングの夜明」として取り返すことが多いので頼りにされている部分もあります。

今後新しい作品が生まれることはありませんが、とても面白いシリーズドラマであります。

Leave a Comment